インプラント・虫歯治療なら足立歯科医院(神奈川県逗子市・湘南)

虫歯とは?

  • HOME »
  • 虫歯とは?

虫歯とは ?

お口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。この細菌は飲食した食べ物から栄養を補給して酸を作ります。この酸によって歯が溶かされてた状態が脱灰といい、それが進行した状態が虫歯です。ただし脱灰をしてもその後40分位で、唾液の働きにより溶かされたミネラルが歯に再吸収され、元の状態になります。これを再石灰化といいます。

食事を取るたびに、お口の中では脱灰・再石灰化を繰り返しています。しかし食事の間におやつや夜食など、食事の回数が多いほど、お口の中は酸性状態が非常に長くなります。つまり、常に脱灰している状態のため、虫歯となります。

さらに、就寝前に食事をすると、虫歯になりやすくなります。これは、寝ている間の唾液の分泌が少なくなるためです。唾液の分泌が少ないと、酸性状態が続き、再石灰化が進まないので、虫歯になりやすくなります。

110300021

※図は食事回数と酸性値(水素イオン指数)の関係を表しています。食事回数が多いほど、お口の中は酸性になっている時間が長く、虫歯になりやすくなります。

お気軽にお問い合わせください TEL 046−871−1006 月~土: 午前9:00~12:30 / 午後14:00~18:00(土曜日~17:30)

Copyright © 足立歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.