インプラント・虫歯治療なら足立歯科医院(神奈川県逗子市・湘南)

虫歯の治療方法

  • HOME »
  • 虫歯の治療方法

虫歯の治療方法

初期のムシ歯治療は、虫歯になった部分をちょっと削り、通常は白い樹脂を虫歯箇所に詰めさせてもらいます。このため、見た目にも大変綺麗に治療できます。虫歯が浅いうちに治療をすると削る部分も少なく、あまり痛みもありません。通常は1~2回の治療で終わります。

j003

 

中期の虫歯治療は、虫歯になった部分を再発しないようにしっかりと削り取る必要があります。虫歯が進行すると、象牙質の部分に到達します。象牙質で虫歯菌に冒されている部分を確実に除去してから削った部分をふさぎます。当院では、虫歯治療の際に、神経をできるだけ温存することを大切にしています。神経を抜くと痛みはなくなりますが、痛みがないために無制限に力が入りやすく、歯が割れやすくなったり抜けやすくなったりします。できるだけ神経を抜かない治療をおこなうことで、その歯をいつまでも長く利用していただくことが可能になります。

j005

 

末期の虫歯治療になると、神経も抜けているので、痛みはありません。しかしながら、膿が溜まると再び激痛を伴うようになります。この状態になると、歯を抜かないといけないケースも出てきます。できるだけご自分の歯で、おいしく食生活を過ごすためには、早期発見・早期治療を心がけ、悪化させないことが大切です。

j006

 ※通常の虫歯の治療は保険診療が可能です。

お気軽にお問い合わせください TEL 046−871−1006 月~土: 午前9:00~12:30 / 午後14:00~18:00(土曜日~17:30)

Copyright © 足立歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.