インプラント・虫歯治療なら足立歯科医院(神奈川県逗子市・湘南)

インプラント

  • HOME »
  • インプラント
インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯がなくなった部分に人工の歯の根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。この歯の根のことをインプラントといいます。

手術が必要なため、日本ではまだインプラントを選ぶことに抵抗がある患者さまもいらっしゃいますが、欧米などの海外ではポピュラーな治療法です。
インプラントの素材には生体親和性の高いチタンが用いられています。チタンは人工関節などにもよく使用されていますが、歯科で使われているインプラントでは、さらに骨とよく馴染むように表面処理も行われています。
術後、きちんと定期検診に来て、適切なメンテナンスを行えば、多くのメリットがあるおすすめの治療法です。

入れ歯をつくるときのように自分の健康な歯まで削るのが嫌な方、入れ歯が合わなくて悩んでいる方、自然な歯並びを取り戻したい方はぜひご検討ください。

インプラントの治療期間

人工歯根があごの骨にきちんとつくのを待ってから型を取り、固定式の歯を入れるため、手術後、歯が入るまで約2~6カ月の治療期間が必要です。
※個人差やお口の中の状態によって期間は異なります。

インプラントのメリット

自分のあごの骨に歯がしっかりと固定されるため、総入れ歯だったときには我慢していたこと、固いものを噛み砕き、果物などにかぶりつくことができるようになります。また、話しにくいなどのデメリットもなく快適におしゃべりなどもできます。
とても自然に仕上がりますので、入れ歯のように人前で口元が気になることもありません。インプラントで日常の楽しさを取り戻した患者さまが当院にはたくさんいらっしゃいます。気になる方は、お気軽に歯科医師にお尋ねください。

インプラント治療の流れ

1.調査・術前計画

まず、CT、レントゲンなどであごの骨や周囲の状況の診断を行います。
その結果を受け、治療の計画について十分に説明をいたします。納得していただいてから実際の治療に入ります。

2.インプラント手術

歯が抜けたところへインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、2~6カ月待ちます。

3.人工の歯の取り付け

インプラントによる土台が安定したら、そこに人工の歯をかぶせます。

4.完了

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、必ず定期的に検診を受けてください。
※インプラントは定期的にケアをしないと、健常歯と同じように歯周炎、歯周病になります。ケアをしていれば長期間使えることが多いので、コストパフォーマンスにも優れた治療法ともいえます。当院も定期的なケアにも力を入れておりますので、ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 046−871−1006 月~土: 午前9:00~12:30 / 午後14:00~18:00(土曜日~17:30)

Copyright © 足立歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.